当店はキャッシュレス決済対応店舗です。


※メーカーからの直送となりますため、
代金引換がご利用できません。
何卒ご了承ください。
製品名 PVX-690T
メーカー名 コンコルド社
容量(24時間率) 69Ah
外径寸法(mm) 260×168×227
重量 23.2kg
ターミナル形状 ボルト端子
外形寸法図

上記表中「容量[Ah]」は、24時間率容量を表しています。

※外観のデザイン等予告無く変更する場合がございます。



SunXtenderバッテリーの構造

AGMバッテリー SunXtender


SunXtenderバッテリーの特徴

25℃で一ヶ月当たり約1%の非常に小さい自己放電率です。
-40℃~72℃の広い仕様温度範囲で寒冷地にも対応。
システムコンポーネントとしてULにリストされてます。
液漏れが無く置き方選びません。深放電でも長寿命。


SunXtenderバッテリー内部の働き
サンエクステンダーAGMタイプのバッテリーは、吸収性に優れた電解液と繰り返し結合するガスで構成されてます。セルごとに安全弁で制御されており、液漏れを起こさない密閉型構造になっています。電極板は微細繊維からなるガラスマットに覆われていて、このガラスマットがAGMバッテリーの最も特徴的な部分になっています。これは、長さと太さが違うガラス繊維を組み合わせて作られていて、電解質の保持には非常に良いものとなっています。
 電解質は、流体とガラス繊維間の毛細管現象によって吸収保持されます。このため電解質はバッテリー寿命の間は液体の性質を保てます。ガラスマットは90%以上が電解質に浸されています。SunXtenderバッテリー
 バッテリー内部は全て電解質で満たされているのでなく、一部ガスが入っています。この部分は充電中に酸素が陽極板から陰極板に移動する経路となっていて、ここで新たにガスが発生する仕組みになっています。このとき、酸素は原子の状態にあるため、非常に反応しやすいので、急速かつ安全に結合できます。この繰り返し起こるガスの再結合を利用することで、電解質を保持し、補水する必要のないメンテナンスフリーのバッテリーを実現しています。





SunXtenderの性能グラフ
AGMバッテリー SunXtender

製品概要
太陽光発電システムに最適な高性能ディープサイクルバッテリー「SUN-XTENDER」シリーズです。

ジェル方式より原理的に優れたAGM(吸着ガラスマット)方式採用。
完全密閉型ですので、メンテナンスフリーであるとともに、類稀なる大放電性能と長寿命性能を両立しています。

放電深度(DOD)70%で繰り返し使用してもサイクル寿命は680回~700回以上の長寿命が期待できます。放電深度50%で1000回以上、放電深度10%なら5000回以上。

事業者様から個人ユーザーまで、満足してお使いいただけます。
振動や衝撃にも強いので、船舶やRV車にも最適です。
使用可能温度範囲は、-40℃~+60℃に対応していますので、
寒冷地での使用が可能です。

ログアウト
メニュー

【お気にいる】 SUN XTENDER ディープサイクルバッテリー PVX-690T 蓄電池 サイクルサービスバッテリー:いころ~ソーラーパネルの通信販売

2019年10月3日
住信SBIネット銀行株式会社

【お気にいる】 SUN XTENDER ディープサイクルバッテリー PVX-690T 蓄電池 サイクルサービスバッテリー:いころ~ソーラーパネルの通信販売

HDI(ヘルプデスク協会)は1989年に設立された世界最大のサポートサービス業界のメンバーシップ団体で、HDI-Japanは日本で初めてサポートサービスの認定資格制度を築きあげた団体です。このたび当社はHDI-Japanが主催する銀行業界の「問合せ窓口格付け」及び「Webサポート格付け」において国内最高評価である三つ星を獲得いたしました。

HDI「問合せ窓口格付け」について

「問合せ窓口格付け」は、問合せ窓口のサポート性を、HDIの国際標準により設定された評価基準に沿って、審査員が顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI「Webサポート格付け」について

「Webサポート格付け」は、WEBサイトのサポート性を調査するもので、WEBサイトを5つの評価項目について評価します。テーマを指定したうえで、審査員はWEBサイトを顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI格付ベンチマーク2019年【銀行業界】の調査結果

https://www.hdi-japan.com/hdi/research-publication/press_release_191003.asp

住信SBIネット銀行は、お客さま中心主義のもと最先端のテクノロジーを活用することで、金融サービスを変革し、社会をより快適で便利ものに変えていくことを目指してまいります。

以上


会社情報